雑穀でできたグルテンフリー麺

中学の頃から、長い間ニキビに悩まされてきた私。

大人になってもなかなか改善されない状態は続いていました。

夫がテニスをやっていた影響で、世界的テニスプレイヤーであるジョコビッチの勧めるグルテンフリーの話が耳に入り、試しに小麦を断ってみたところ、驚くことに、長年悩まされていたニキビがみるみる改善されていきました。

(小麦を断つといっても、パンや麺などの明らかな小麦を抜くだけで、醤油や揚げ物の衣などは普通に食べるゆるい節制です)

さらにグルテンフリーの効果はニキビだけに止まらず、その頃感じていた身体のだるさの改善にもつながりました。

今回の記事ではそんな私のグルテンフリー生活に役立った商品をご紹介致します。

グルテンフリーパスタ「三穀deパスタ」

自然食品F&Fで見つけたこの商品ですが、180gで400円弱で購入しました。

原材料は、うるちきび、うるちあわ、ひえ、加工でん粉、だけだそうです。

加工でん粉については「キャッサバ芋から作ったタピオカでん粉を使用しています」との記載が。

素材の出元がわかって安心です!

麺を取り出してみるとこんな感じです。

若干表面に凹凸があり、雑穀粒かと思われます。

茹でた状態では、見た目はこのようになります。

色味が淡く、なんだか優しいたたずまいです。

小麦の麺と比較してみます。

小麦麺(全粒粉なので茶色いです)はまっすぐな円柱であるのに対して、雑穀麺はひょろひょろして少しちぎれやすい感じです。粉の粒度が雑穀麺の方が大きいんだと思います。

トマトソースと大豆ミートでボロネーゼ風にしてみました。

食感はツルッとしていて弾力があり、もちもちしています。

小麦麺とはまた違った味わいで、雑穀はやはり米に近いのか、米麺と似ています。

めんつゆに大根おろしともみのり、なんていうのもマッチしそうです。

麺を我慢していた身としては、とてもとてもありがたい商品でした。

一袋400円弱と高めですが、量としては3食分くらいはありますので、コスパもそれほど悪くはありません。

以上です。今回は私のグルテンフリー生活を支えてくれたパスタとして、雑穀麺を紹介いたしました!

次回もまたお楽しみに。

おすすめの記事