朝食に完全無欠コーヒー(Bulletproof coffee)|作り方

こんにちは。

朝はお腹が減らない派、ふすまhomeのふすまです。

完全無欠コーヒーというものをご存知でしょうか?

私はネット上で初めてこの単語を目にしたのですが、どうやらその出どころはこちらの本のようで。

魅力的な効能

ーーーダイエットに効く、脳が覚醒する、生産性が高まる、集中力が増す・・・等々ーーー

が謳われておりまして、バターコーヒーとも呼ばれるこちらを朝食がわりに飲むと、上記の効能が得られるということです。

都心では一杯700〜800円くらいで提供するカフェまであるらしい。

材料自体はシンプルなので、興味本位で作って試してみたところ、これがなかなかに美味しく、午前中の頭の回転が多少よくなった感じがしたので、作り方をレポートしたいと思います!

材料

用意する材料はこちら。

・コーヒー
・バター
・MCTオイル(ココナッツ油から抽出された中鎖脂肪酸100%のオイル)

以上の3点。

本家の本「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」ではそれぞれの材料に細かい指定があるようですが、できる範囲のもので準備します。

作り方

まずはマグカップにバターとMCTオイルを入れます。

バター 大さじ1〜2
MCTオイル 大さじ1〜2

(写真はひと固まり約20gほど)

⬇️

MCTオイルは無色透明で匂いもない

次に熱々のコーヒーをカップ半分まで注ぎます。

カップ半分までというのがポイント☝️

ここで電池式ミルクフォーマーが登場。

IKEAのPRDUCT(プロドゥクト)¥149(税込)

混ぜます。

ウィイイイイイン

最初からコーヒーを並々注いでしまうと、ここでこぼれてしまう

バターが溶けていい感じに泡立ったら、最後までコーヒーを注ぎます。

完成!!

お味の方は?

さて、バターがすっかり乳化されてキャラメルのような香りがたちのぼっています。

一口飲むと、ミルキーでまったりとして、美味しい。コーヒーの苦味がマイルドになり、飲みやすいです。

そして飲んだ後すぐに、脳がスッキリするような感じがするんです。

まるで油をさしてもらった機械の気分。

脳はそのほとんどが脂で出来ているというくらいなので、やはりアブラって大事なのかも。。

ちなみに、ミルクフォーマーではなく手動の泡立て器🥣で混ぜると、油とコーヒーがちゃんと乳化されずに、ガソリンを飲んでいるような心地になりました。

美味しく飲むにはミルクフォーマーがあると良いかと思います。

最後に

本家の本「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」には、完全無欠コーヒーを作る材料に細かい指定があります。

コーヒー
→カビ毒のない高品質なもの。コーヒー抽出の際はコーヒー豆の油分も抽出できるよう紙のフィルターではなくフレンチプレスかエスプレッソマシーンが良い

バター
→グラスフェッド(牧草を与えられて育った)乳牛のもの

ですが、ここまで忠実に従おうとするとどれだけ費用がかかるか分かりません。

できる範囲のもので実践してもほしい効果(=集中力の増加)は得られるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

また、そもそも完全無欠コーヒーは、著者がチベットでヤクのミルクで作ったバター茶に着想を得て編み出したものであり、良質な脂質が溶け込んだ飲み物であればコーヒーでなくても良いようです。

完全無欠ココア

ちなみに、私は本を読まずにこちらのサイトを参照しておりますので悪しからず(_ _)。
とても簡潔でわかりやすいです👇

https://oukoraikon.com/dave-asprey-the-bulletproof-diet/

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また!!👋☕️

おすすめの記事