グラスフェッド・ビーフを手頃に食べられるお店/買えるお店

こんにちは。

ベジタリアンに憧れて菜食生活をした結果、逆に体調が悪くなってお肉の必要性を痛感したふすまhomeのふすまです。(個人の経験です)

最近お肉を食べたり買ったりすることが増えたので、お肉、それもグラスフェッド(穀物ではなく牧草を食べて育った牛)のお肉を食べられる/買えるお店を紹介したいと思います!

飼料で変わる肉質

グラスフェッド(grass fed)の対義語はグレインフェッド(grain fed)。グラスフェッドは牧草を、グレインフェッドは穀物を与えられた牛をいいます。

何を食べるかで体が変わるように、エサが変われば肉質も変わってきます。

グラスフェッド
→赤身で脂肪分の少ない淡白な肉質となり、火を入れすぎると硬くなるため、厚切りステーキやローストビーフに向く

グレインフェッド
→脂が多くサシが入った霜降り肉となり、焼いても柔らかさが持続するため、すき焼きや焼き肉などに向く

日本では高級肉といえば霜降り牛(=グレインフェッド牛)でしたが、海外では圧倒的にグラスフェッド牛が主流だそうで、近年日本でもグラスフェッド牛の人気が広がりつつあるようです。

牧草牛の利点と穀物牛の問題点

牧草を食べて育った牛の肉は、穀物で育った牛に比べて栄養価が高いと言われています。

・鉄分が豊富
・オメガ3脂肪酸が豊富
・低脂肪、高タンパク
・亜鉛、ビタミン類、共役リノール酸、タウリンなどが豊富

そもそも牛は草を食べて生きていた動物ですが、人間の需要に従ってつくられた穀物牛にはその飼育環境に様々な問題を孕みます。
全てがそうだとは言えませんが

・エサとなる飼料(トウモロコシ、麦、雑穀)に遺伝子組換えや農薬の危険性
・牛舎で多頭飼いすることによる牛個体へのストレス
・ストレスによる病気、それを抗生剤で抑える
・より早く大きく育てるためにホルモン剤注射
・太らせるために運動を制限

などなど、書いていて牛が不憫になってくると同時に、人間の生きている環境も近からず遠からずなのでは・・・と感じてしまいます😨

(ふすま調べ。間違いがあればご指摘いただければと思います)

牧草牛は、本来の自然な環境で育てられ、ストレス負荷も少ないため、肉としての栄養が豊富になるのだと考えられます。

食べられるお店 5選

お待たせしました、グラスフェッド・ビーフをお手頃に食べられる入りやすいお店5選を紹介します。

びっくりドンキー

ハンバーグで有名なびっくりドンキー。

使用されるビーフはニュージーランドとオーストラリア産。

牧草・干草・サイレージ(牧草などを発酵させた家畜用飼料)などの植物を中心とした飼料で飼育され、成長ホルモン剤などの投与もなく広大な土地に放牧され育ちます。

ハンバーグだけでなくカットステーキのメニューもあります。

ブロンコビリー

サラダバーが充実しているブロンコビリー。

ウルグアイ産のステーキがグラスフェッドビーフです。

ウルグアイはなんと国土の8割が牧草地帯で、牛や馬や羊などの牧畜が主な産業とのこと。

広大な草原に放牧されて育ったウルグアイ牛は、ほどよく引き締まった肉質だそうです。

IKEA

言わずと知れた家具量販店。併設のレストランではスウェーデン料理が食べられると人気です。

ニュージーランド産の放牧牛を使用したローストビーフが食べられます。

その他、鹿肉を使ったメニューもあり。

紅矢

東京・神奈川に6店舗ある紅矢(2021.5時点)。

使用されるのは牧草を食べて育ったニュージーランド産ビーフ。

100%ビーフ・粗挽きにこだわったハンバーグの他、ステーキ、ビーフシチューなどのメニューがあります。

いきなり!ステーキ

サラリーマンに人気のいきなり!ステーキ。

ウルグアイ産のグラスフェッド牛の取扱いが2020年よりスタートしました。

数量限定のため常に食べられるわけではありませんが、チェックしておくと出会えるかもしれません。

買えるお店 3選

続いて、グラスフェッド・ビーフを買えるお店3選をご紹介します。

肉のハナマサ

肉のハナマサはプロ仕業、業務用、一般家庭と間口の広いお店。以前は24時間営業の店舗もありました。

店舗により取扱がまちまちですが、オーストラリア産のグラスフェッドビーフを購入することができます。

ミートガイ(ネットショップ)

ホルモンフリー・無添加など安心安全にこだわったお肉を取り揃えたネットショップ。
「グラスフェッド」で検索すればさまざまなサイズ・部位のグラスフェッド牛が出てきます。
牛肉や豚肉などのほか、ワニや七面鳥、ジビエなどの珍しいお肉も取り扱っています。
10,000円以上の買い物で送料無料。

男の台所(ネットショップ)

家庭用プロ御用達専門店の男の台所。
グラスフェッドビーフやグラスフェッドラムなどの他、こちらはフォアグラやキャビアといったリッチな食材の取り扱いがあります。
3,980円以上の買い物で送料無料。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

「肉を食べたら太る」と言われていたのは今や昔の話。

「草を食べて育ったヘルシーな肉を食べて健康になろう」というのが今の風潮のようです。

ストレスなく健康に育った牛の命をいただき、自分の活力として地球に還元していきたいものです。

牛さんに感謝🙏

牛さんを届けてくれる全ての人に感謝🙏

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは、また!✨🐂✨

おすすめの記事