楽ちんで清潔!木の実の洗剤「ソープナッツ」

こんにちは。

最近メタトロン測定でケミカルが合わないことが判明しました、ふすまhomeのふすまです。

(メタトロン測定についてはこちらの記事をご覧ください👇)

みなさんは洗濯洗剤は何を使っていますか?

私は長い間コレというものに出会えず洗剤ジャーニーをしていたのですが、三砂ちづるさんの「女たちが、何か、おかしい」という本で、洗濯洗剤にソープナッツという木の実を使っているという話を読み、気になって実際に使ってみたらこれが予想以上に使いやすい!

それ以来、かれこれ2年ほど洗濯はソープナッツで定着しています。

今回はソープナッツの魅力と使い方についてご紹介したいと思います!

ソープナッツはムクロジの実

ソープナッツは日本語でムクロジの実です。

そこら辺に落ちているかもしれないただの木の実!! これを洗濯に使います。

この果肉の裏にはサポニンという成分が含まれており、水につけると泡立つ性質があります。

洗剤のない時代は衣服や髪の毛などの汚れを落とすのにこの実が世界各地で使われてきたそうです。

ちなみにムクロジの実の中には硬くて黒い種があり、それが数珠玉📿や羽子板の羽の重りに使われてきたという、実は日本で馴染みのある植物です。

使い方

使い方は簡単。

ソープナッツ5〜6個を散らばらないように小袋に入れて、そのまま洗濯機に入れ洗濯物と一緒に回すだけ。

すすぎの時に袋を取り出せば成分が長持ちしますが、そのままでもOK。私は洗濯が終わるまでずっと入れっぱなしです。

そのままポイ

洗濯が終わったら衣類と一緒に乾かします。

繰り返し何度か使える

何回か使っていると袋からカサカサという乾いた音がするようになるので、その時がナッツの替え時。

下の写真をご覧ください。

左が新しいナッツ、右が使い終わったナッツです。サポニンが使い尽くされたことがよくわかります。

カサカサになったナッツはゴミ箱に捨てずにベランダーのプランターに蒔きます。無駄がない自然のサイクル!!✨

だいたい同じナッツで十数回くらい洗濯できます。

ソープナッツのここがスゴい!

ソープナッツを使っていてまず気がついたのは、洗濯槽が汚れないということです。

それまで自然派液体洗剤を使っていたのですが、しばらく使っていると洗濯物に黒いノリのようなものが付着しだして、定期的に洗濯槽を掃除しなければなりませんでした。

ソープナッツに切り替えてからはそのようなことがなくなり、洗濯がとっても楽に。

また、洗濯物の匂いがなくなるタオルが若干ふわふわになるなんとなく清潔感が増したような感じがする、などいいことづくめ。

自然の木の実だから洗浄力は落ちるのでは?という不安も、予洗いした生理用ナプキンが綺麗になったことで払拭されました。

素晴らしいじゃないか、ソープナッツ!!✨

ソープナッツの販売サイトに書かれている効果をまとめると、以下のようになります。

・木の実が持つ自然の抗菌力
・敏感肌やアトピー・アレルギー肌の方にも、赤ちゃんにも使える
・生地にもやさしく草木染め、シルク、ウール、ドライマークの衣類も洗える

泡立ちは控えめだが汚れはしっかり落とす
・洗いあがりはふんわりで柔軟剤要らず
・使ったあとは自然に帰る

出典:https://www.slow3.jp/laundry/econuts/laundrynuts.php
   http://www.med-house.net/frame-laundry.html

と、大変好ましい効果が挙げられています。

反対にソープナッツが出来ないのは、漂白

白いものは洗っているうちにだんだん黄ばんできます。

あとデメリットとして挙げられるとすれば、独特の匂いがあるという点です。洗濯後は無臭になりますが、使用前のナッツは結構独特な匂いがします。

コロナでソープナッツを輸入できない?!

我が家が愛用しているのは地中海ハウスのランドリーナッツという商品。

出典:http://www.med-house.net/frame-laundry.html

インド産のナッツで、洗濯用の小さい木綿バッグがついて、1kg入って約2,000円ほど。

これで洗濯は半年以上(いやもっと?)持ちます。

こちらの商品が個人的にイチ押しなのですが、現在コロナの影響でインドから輸入できない状況が続いていて購入できません。(2021年6月現在)

メルカリでムクロジの実を買ってみた

仕方がないので同じものは諦めて、メルカリでムクロジの実を取り寄せてみました。

使ってみると、確かに泡は立ちます。

ですが、地中海ハウスのものと比べるとサポニンがすぐへたってしまう。

地中海ハウスのソープナッツは10回以上洗濯で使っても洗浄力が保たれていると感じましたが、こちらの日本産は2,3回使うとすぐ次のムクロジを足さないと汚れが落ちない感じがします。

日本のソープナッツは丸みが綺麗で色も優しいオレンジ色で工作などには良さそうですが、こと洗剤用となるとインド産のものに軍配が上がります。

輸入再開を待つ…

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はソープナッツの魅力をご紹介しました。

ソープナッツはインドではリタと呼ばれているそうなのですが、インドの新聞でこんな話が掲載されたことがあるそうです。

その昔、村人は、リタの木の実を洗浄に活用してきました。この実で服を洗い、食器を洗い、いろいろな洗浄に活用してきたのです。 ところが、あるとき、村に、黒いスーツを着た紳士がやってきました。なんでも、リタの木を切って、彼のところにもってくると、当時の金でいうと相当なお金をくれるというのです。それで村人は大喜びでリタの木を切っては、紳士のところに持っていった。紳士は約束どおり、お金を村人に渡したのです。で、しばらくすると、村からリタの木がなくなってしまいました。すると、はっと気が付くと、しまった、これからどうやって食器や服を洗ったらいいんだ!と、村人は困りました。すると、ちょうどその頃、村のお店で石鹸の発売が開始されたのです。石鹸はいいよーーー食器も洗える、服も洗える、頭も体も洗える、万能の洗浄剤、石鹸をどうぞーーーーと、そこで、村人は石鹸に飛びついたのです。いまでは村人は全員、石鹸を使っています。でも、数年したら、リタの木を切ってもらったお金も、全部、石鹸の代金に消えてしまいました。本来はただ、自然の恵みだったもものを、これからは、石鹸を購入するために、現金が必要になったのです・・・・・。

引用元:ヘナ遊 https://hena.ohah.net/herb/ritha3.shtml

日本のムクロジも始めはインドから伝えられたんだとか。

「洗剤は買うもの」と思っていましたが、「洗剤は木からとってくるもの」に変わっていくかもしれませんね💡

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた!!👋

おすすめの記事